So-net無料ブログ作成

都立病院で職員が架空の医師給与計上 4千万円詐欺(産経新聞)

 退職した非常勤医師の給与を架空計上し着服していたとして、東京都は8日、都立広尾病院(渋谷区)の管理課職員、財津琢也主事(39)を同日付で懲戒免職に、上司4人を減給などの懲戒処分にしたと発表した。都は5日付で財津主事を渋谷署に詐欺罪などで刑事告訴している。

 都によると、財津主事は同病院の非常勤医師などの給与支給担当だった平成20年9月から21年11月の間、同病院を退職した非常勤医師ら延べ134人の給与を架空計上。実際は医師らの指定口座に振り込まず、病院の管理する口座にいったん入金させて、自ら引き落とすなどの手口で計3944万円を着服していた。着服した金は投機目的でマンションを購入したり、自らの生活費などに充てていたという。

 財津主事が育児休暇中の同年12月、同僚が財津主事が偽造した支払先のリストを見つけ発覚。財津主事は同年3月と9月にも、退職した非常勤医師へ給与支払いの指摘を受けていた。しかし、同病院は不正を見抜けずミスとして処理し、財津主事も医師から返納させたように見せかけて着服金を返却する隠蔽工作をしていた。

【関連記事】
司法書士が着服 富山、債務処理で和解書を改ざん
車検代を着服 整備工場勤務の女を逮捕 
市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金
客の保険金など8億円横領か 浜松の元郵便局長逮捕
福岡県鞍手町、5千万着服の元係長を横領容疑で追送検

未経験の2人、手術強行…山本病院患者死亡(読売新聞)
前原国交相「秘書3人起訴の事実は重い」(読売新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず−法制審部会(時事通信)
自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)
「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。